2010年01月26日

コスタリカのモンテベルデになくて岡山のモンテベルデにあるもの

日頃 1000人の村「新庄村」(岡山県真庭郡)を
東洋のモンテベルデと勝手に称していますが、、、

ここでクイズ!

エコツーリズムのふるさと コスタリカのモンテベルデになくて
東洋のモンテベルデ「新庄村」にふんだんにある「あるもの」とは何だ?

こたえ↓

かまくら雪あそび

竹ぞりでおつなスキー


それこそ、コスタリカのモンテベルデにはない「雪」
ふんだんにある新庄村は冬になると白銀の別世界。


先日「京山KEEP」が主催する
「旭川源流体験冬のエコツアーin新庄村」にバスレク係で参加してきた。

なんと「竹ぞり」(上写真)を作ってすべるという!
へぇ〜。
で、竹ぞりって何?
ってな感じだったのだが、
そりかと思いきや、これはもうスキーの領域。

竹がまっすぐなようでまっすぐでなかったり、
スキー板に取っ手がひっついているような感じで、
意外とハンドリングが難しかった。

昔新庄村では、実際に竹ぞりを作って
スキーを楽しんだりしていたそうだ。

竹ぞりは自作するのだが、
竹を曲げるときにどういう角度で削ったら滑りやすく仕上がるかとか
丈の長さをどう調整したら安定した走りを実現できるかとか
なかなか「科学」の心を育む遊びだなぁと感心した。

竹ぞり作り 竹ぞり作りで竹を曲げる作業


このエコツアーは
自分たちでまず竹ぞりを作り、
お昼ご飯に新庄特産「ヒメノモチ」のお餅を食べて、
田浪キャンプ場で存分にすべるという行程だった。

まさに、冬の新庄のいいとこどりの企画。

旭川源流の新庄村は県下の60%の天然ブナ林を有し、
まさに岡山の水源のかん養地

「冬に屋根ほどまで積もる雪が新庄に降るからこそ
 一年を通して旭川下流に水が運ばれるんだよ」

と、森林セラピー協議会の黒田さん。


こつを覚えて 竹ぞりがすべれるようになったら
雪合戦をしたり、かまくらを作ったり、
冬の森林セラピー基地をスノーシューで歩いたり、
雪にあまり縁のない岡山南部の子どもたちもおおはしゃぎな一日だった。
おもわず本気になる雪合戦 ハンドル付きのそり

手作りのかんじきで雪の上を歩く 手作りのかんじき

自然と触れあうこういう体験は
一瞬のことかもしれないけど、一生心に残る思い出になると思う。


自然大好きな子どもたちがたくさん育つことを祈りつつ。

冬の源流エコツアーin新庄村


観光庁管理サイト「LIVEJAPAN!」でも紹介しています。
posted by TACAQUITO at 06:22| Comment(38) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

2009.10.6 新庄村「日本で最も美しい村連合」に加盟

2009年10月6日 
新庄村が「日本で最も美しい村」連合に加盟しました。

祝★おめでとうございま〜す!

岡山県真庭郡新庄村といえば、「東洋のモンテベルデ」ですよ。

新庄村森林セラピー基地ブナ
森林セラピー基地のハンモッグ・ポイントで
寝ころぶと見えるブナの木漏れ日


関連記事
「コスタリカでぶら・びだ」
 東洋のモンテベルデ
 岡山県真庭郡新庄村に森林セラピー基地オープン
 CAMNET誌 2009年7-8月号 p5


あの、エコツーリズムの発祥地といわれる
コスタリカのモンテベルデに
どこか通じる雰囲気があって 落ち着くんですよね。

チョウや植物の多様性も特筆ものです。


ウスイロヒョウモンモドキ
新庄村に棲息する絶滅危惧種の「ウスイロヒョウモンモドキ」

11月14-15日には 
その新庄村全域を舞台に
「日本再発見塾」というイベントも開催されます。

こちらのほうは 講師陣もすごいので
(茂木健一郎さんも!)
是非お申し込みを!
(現地実行委員をしてますので、新庄でお会いしましょう!)


「日本で最も美しい村」連合
 
2009年10月時点で 全国33の町村・地域が加盟している。

中国地方では 島根県の海士町・岡山県の新庄村の2カ所。


「日本で最も美しい村」連合の目的

この連合は、素晴らしい地域資源を持ちながら過疎にある美しい町や村が、「日本で最も美しい村」連合を宣言することで自らの地域に誇りを持ち、将来にわたって美しい地域づくりを行うこと、住民によるまちづくり活動を展開することで地域の活性化を図り、地域の自立を推進すること、また、生活の営みにより作られてきた景観や環境を守り、これらを活用することで観光的付加価値を高め、地域の資源の保護と地域経済の発展に寄与することを目的としています。
(「日本で最も美しい村」連合ウェブサイトより)


発祥はフランス 1982年〜 64の村でスタート。(現在149村が加盟)

「歴史的財産などの地域の特色を観光資源として付加価値を高め、小規模な農村を保護する運動を広めるためにネットワーク化を図り、研究の場、情報交換の場、協同してプロモーション、コミュニケーションを行う場として、「フランスで最も美しい村」連合の組織が設立されました。本部はコロン・ラ・ルージュ(Coreze)の村役場にあります。」(日本で最も美しい村連合ウェブサイトより引用)


少し前、「世界不思議発見!」でも取り上げられてましたね。


フランスの田舎は田園風景が生き、
ゆったりとした時間と美しい光景、そしておいしい料理
たくさんの観光客が訪れ、地域が活性化している。

最近は「最も美しい村」連合に登録されている各所を
巡るツアーが人気だとか。

将来的には、世界の「最も美しい村」連合を回ることが
ステータスになる日も 来るはず!

新庄村
のもっている自然美・暮らしの豊かさといったものを
世界のみなさんと共有して欲しいと願います。



2009.10.7付 山陽新聞<全県版(岡山)>でも紹介されました
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009100620401176/
posted by TACAQUITO at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

高知で体験ダイビング 感動のアンダーシーワールド!

コスタリカのカリブ海で スノーケリングをして以来の夢
それは、ダイビングライセンスを取ること!
調べていると、日本でも沖縄が意外と安く
3万円ほど(プラス諸登録費用)でいけそう。

しかし、夏の沖縄(フライト)は高い!
ということで、近場の高知へ(車で5-6時間)いってきました!

もちろん 目的はダイビング でっす。

高知の柏島というところは
すっげぇ小さな島ですが
年間1万人のダイバーが集う 
日本有数のダイビングスポットなんですよ。
実に日本でいちばん多くの種を見られるのがここ柏島。

高知県大月町柏島
右端の島が柏島で ここでは養殖が行われていますが いい環境。
ここの養殖魚を食べられるなんて贅沢だなぁと思いながら、、、
なんとマグロまで養殖だそうです。



これはひょっとするとコスタリカを超えるかも!? 

さっそく、体験ダイビングにトライしてきました!!

まずは、ダイビングが体に合うかどうか
分かりませんからね、、、。

やってみて思ったのは
空気が常に供給されているのでとても楽ちんです。

さらに 魚をじっくり観察出来て面白い!

そして 何より 海の下の世界が美しい!!
そんな空間を浮遊していると あっという間にときが過ぎていきます。

体験ダイビングでも 
かなり本格的にダイビングでき 
水面下4-5mの世界を堪能出来ました。

もっと深いところはどんな生き物がいるんだろう?

ダイビングハウスの壁にたくさんの写真が飾られていて
青いウツボとか 派手なハゼとか
うわぁ出会ってみたいと 思いました。


その後で 大学時代に行って超感動した桜浜海岸へ移動
そこでも潜ってきました。(スノーケリング)

今から16年も前になりますが
その時の桜浜海岸の透明度はプールのようでした。

潜ると向こうのほうまで地平線ならぬ海底線が続くのが見え
瀬戸内海育ちのわたしにはたいへん驚きでした。

竜串桜浜海岸



熱帯魚


サンゴとブルーな熱帯魚


ウニ


ウミウシ


クマノミ

最後はクマノミ君に締めてもらいましょう。

いそぎんちゃくと戯れながら泳ぐクマノミ
写真には写っていませんが、
ファミリーでいましたよ。
お父さんとお母さんの個体は結構大きいんですね。
そしてオスとメスで尾ひれの色が違うんです。
黄色がメスで 白がオス(だったかな)。

さらに、クマノミは性転換するんだそうです。
いちばん大きい個体がメスになれるんだって。不思議。

そんなことも初めて知りました。


ペットショップで売っているクマノミは
どれも小さい赤ちゃんなんですね。
成体も全部あの大きさかと思ってました。


いやぁ それにしても
ダイビングライセンス とりたいなぁと
ますます強く思うようになりました。

体験ダイビングはライセンス取得コースの一部として認定されるし
ライセンス取得に一歩近づいた感じです!!

PS
竜串の海では SANYO XACTI CA65が好調でした。
コスタリカの海では 海水が温かいためか 
すぐ画面が曇りましたが ここではそんなこともありませんでした。
しかし、被写体も撮る方も波に揺られてゆらゆらしながらですから
きれいな写真を撮るのは なかなか難しいですね。

posted by TACAQUITO at 23:45| Comment(5) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

キャンドルナイトの夕べ(クールアースデー)でコスタリカコーヒー

キャンドルナイト クールアースデー

7月7日 岡山市幸町にある 
下石井公園でキャンドルナイトの夕べがありました。

街づかい塾さんのオープンカフェで
コスタリカコーヒーを使ってもらいましたよ。

サミットと七夕の日に
お洒落な演出で 8時になると日本全国一斉に 
何万カ所の施設で ライトを消して 
CO2削減に貢献するという演出も、、、。

辺りは キャンドルの灯りがゆらめき 幻想的でした。

ジャズライブもあり よかったです。

サミットの成果や 
これからのエコ活動のあり方については
最近 思うところもいろいろとありますが、
これは 一人ひとりが考えて 
自分の信じるところをするしかないですね。


最近 暗がりを歩いたり、部屋が暗いときに

「ん? エコ!?」という冗談がちまたで囁かれています。

つい くすっとしてしまいます。


くらくても十分見えますからね。
暗い街で有名な岡山はエコ先進県ですなぁ。


普段のお風呂を キャンドルライトで入るだけでも
随分雰囲気が変わってリッチモーメントですよ〜。

さらにアロマオイルで気分もすっきり。



posted by TACAQUITO at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

津島小学校のこどもたちのCD

少し前 こんどのコスタリカ展の打ち合わせで
アスエコにおじゃましたときに
ふと エコライフCDが出ていることを発見!!

よくよくきくと
津島小学校の5年4組の児童による
オリジナルソングだということだった。

ORIGINAL SONG
地球を救う エコライフ!

それも 児童がCDを置いて下さいと
売り込みに 出向いてきたというので
最近のこどもはしっかりしているなぁと 感心

さっそくCDを聴いてみたけど
ちょっと懐かしい感じのメロディで
耳に残る曲でした。

ときどき 口ずさんでしまう。

「コツコツエコライフ」

エコライフCD

どんな環境に直面しようとも生きていけそうだ、
この子達の将来は 自分たちでなんとかしそうだぞ。

大人は見守っていよう。

と思う。
ラベル:エコライフ 音楽
posted by TACAQUITO at 17:40| Comment(1) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

吉備サービスエリア付近でホタル鑑賞

岡山リビングをみると なんと

吉備サービスエリアでホタルが500匹!!

との記事があった。


地元じゃないか!

(それもジモッチーなら裏口を知っているのだぁ! 
 わざわざ高速入らなくても お茶したり 
 おみやげを買いにいったりできる)


で、めいを連れて行くことに。


確かに ちょっと飛んでいた。

時期が遅かったらしい。6月上旬がいいそうだ。



そんなわけで、じゃあ別にここじゃなくても、、、と

地元民なら知っている
これもまた秘密のスポットに行って
ホタル鑑賞してきた。


さすがに ジモッチーらしき人が うようよいた。

hotar.jpg


ホタルの光はきれいだった。


ホタルを捕っていた子がいたが

めいが「ホタル誰がとっとん?」と
大きな声を出したので
なんか恐縮していた感じだった。


気兼ねなく 
思いっきり採れない 
現代っ子はかわいそうだと思った。


ほんの一瞬 ホタルと出会っただけで
ホタルをこれからも守ろうってな気持ちが
生まれるだろうか という気がした。



やっぱり 捕まえてみて 手にすると感動が違う。


ついたり消えたりの幻想的なホタルの神秘が
自分の寝室に舞う。
その美しい 自然の巧みを 味わい
満足して眠りにつく。

朝起きてみると、
ころりと死んで からからになっている。

はかないんだ。生命って。

子ども心に、そんなことを思ったものだ。

posted by TACAQUITO at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

日本でも野鳥観察が面白い

コスタリカからもって帰っちゃった癖


朝起きて鳥の声が気になる
目の前を横切った鳥を立ち止まって目で追ってしまう

うちの庭にこんなかわいい鳥がやってきました。

ANY1195.jpg

さて、どこに隠れているでしょう?

ちなみにコスタリカのメジロっぽい鳥は
目がアジア風(アーモンド型・流し目風)でした!!
posted by TACAQUITO at 06:56| Comment(7) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

ネパールの人の知恵〜字も時計を読めなくても

先日ネパールの友人から聞いた話

リタさんのお母さんは字が読めない 
もちろん時計も読めないので 時間がわからない

でも 今何時かわかるらしい

なぜ? どうやって?

こたえはこの音声ファイルの中に。。。


これは 自然と共存する人が身につけている知恵だ!
posted by TACAQUITO at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

観察力〜クモの糸と自然の神秘と



車を運転しながらクモがはりついているのを見た
すごい生命力

ちょっとしたきっかけで 自然への畏怖って
生まれると思う

よく観察すること 時間を取ること
忙しい毎日に忙殺されて
生き急いでいては見れないこと
posted by TACAQUITO at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。