2009年10月07日

2009.10.6 新庄村「日本で最も美しい村連合」に加盟

2009年10月6日 
新庄村が「日本で最も美しい村」連合に加盟しました。

祝★おめでとうございま〜す!

岡山県真庭郡新庄村といえば、「東洋のモンテベルデ」ですよ。

新庄村森林セラピー基地ブナ
森林セラピー基地のハンモッグ・ポイントで
寝ころぶと見えるブナの木漏れ日


関連記事
「コスタリカでぶら・びだ」
 東洋のモンテベルデ
 岡山県真庭郡新庄村に森林セラピー基地オープン
 CAMNET誌 2009年7-8月号 p5


あの、エコツーリズムの発祥地といわれる
コスタリカのモンテベルデに
どこか通じる雰囲気があって 落ち着くんですよね。

チョウや植物の多様性も特筆ものです。


ウスイロヒョウモンモドキ
新庄村に棲息する絶滅危惧種の「ウスイロヒョウモンモドキ」

11月14-15日には 
その新庄村全域を舞台に
「日本再発見塾」というイベントも開催されます。

こちらのほうは 講師陣もすごいので
(茂木健一郎さんも!)
是非お申し込みを!
(現地実行委員をしてますので、新庄でお会いしましょう!)


「日本で最も美しい村」連合
 
2009年10月時点で 全国33の町村・地域が加盟している。

中国地方では 島根県の海士町・岡山県の新庄村の2カ所。


「日本で最も美しい村」連合の目的

この連合は、素晴らしい地域資源を持ちながら過疎にある美しい町や村が、「日本で最も美しい村」連合を宣言することで自らの地域に誇りを持ち、将来にわたって美しい地域づくりを行うこと、住民によるまちづくり活動を展開することで地域の活性化を図り、地域の自立を推進すること、また、生活の営みにより作られてきた景観や環境を守り、これらを活用することで観光的付加価値を高め、地域の資源の保護と地域経済の発展に寄与することを目的としています。
(「日本で最も美しい村」連合ウェブサイトより)


発祥はフランス 1982年〜 64の村でスタート。(現在149村が加盟)

「歴史的財産などの地域の特色を観光資源として付加価値を高め、小規模な農村を保護する運動を広めるためにネットワーク化を図り、研究の場、情報交換の場、協同してプロモーション、コミュニケーションを行う場として、「フランスで最も美しい村」連合の組織が設立されました。本部はコロン・ラ・ルージュ(Coreze)の村役場にあります。」(日本で最も美しい村連合ウェブサイトより引用)


少し前、「世界不思議発見!」でも取り上げられてましたね。


フランスの田舎は田園風景が生き、
ゆったりとした時間と美しい光景、そしておいしい料理
たくさんの観光客が訪れ、地域が活性化している。

最近は「最も美しい村」連合に登録されている各所を
巡るツアーが人気だとか。

将来的には、世界の「最も美しい村」連合を回ることが
ステータスになる日も 来るはず!

新庄村
のもっている自然美・暮らしの豊かさといったものを
世界のみなさんと共有して欲しいと願います。



2009.10.7付 山陽新聞<全県版(岡山)>でも紹介されました
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009100620401176/
posted by TACAQUITO at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新庄村もフランスもきれいなようですね。一度行ってみたいものです。私の田舎は海の美しさで誇りに思っています。ハワイよりもきれいだと自負している私ですが、思い上がりかな。でもそれだけ故郷をすきなんでしょう。きれいな風景が大好きな者より。久しぶりにこの欄にメールしました。
Posted by otomi at 2009年10月08日 06:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。