2008年11月16日

室伏似のコスタリカの義足スプリンターラウレンス・モリーナさんの素顔

コスタリカから来岡の義足素プリンターのラウレンスさん旭川荘を慰問
何気なくこの写真を見るとなんともない
ほほえましい光景の一枚だが
どこか近未来的でもある。


この写真は ラウレンス・モリーナさんが
岡山市の身体障害者施設「旭川荘」を慰問し
パラリンピック種目「ボッチャ」をともに楽しんでいる様子。

ラウレンス・モリーナさんは
先日(11月10−12日)に
岡山を訪れたコスタリカの義足スプリンター。
シドニーのパラリンピック 車いすマラソンで 金メダル。


サンホセ市役所職員でもある。
岡山といえば、サンホセとは40年来の姉妹都市縁組の仲。


大分の国際車いすマラソンのため来日していましたが、
帰りに岡山にも寄って交流し、
双方にとって思い出深いときとなりました。

AICCO-コスタリカ交流協会ウェブサイトに関連記事




コスタリカから来岡のラウレンスさんすっかり岡山のとりこ


来年の大分障害者マラソン大会では 20位以内が目標とのこと
(今年は1時間58分で54位)
がんばってね〜!


posted by TACAQUITO at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パラリンピック種目「ボッチャ」
↑↑↑↑↑↑↑↑
どんな競技なんじゃろ???
はじめて聞いた。
Posted by at 2008年11月18日 00:11
ボッチャって
わたしもはじめてきいたんですけど
ゲートボールのような感じ?

紅組と青組に別れてプレーします。

白いボールを最初に投げるんですけど、
これに近いところにボールを持って行けたらポイントというシンプルな競技です。

ボールの投げ方は自由です。
簡単そうで、難しそうでもあり、
皆さん楽しそうにやってました。

そういう楽しい競技(競争心ばりばりでなく)というのも見ていて気持ちよかったですよ。
Posted by たかきーと at 2008年11月20日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。