2010年01月26日

コスタリカのモンテベルデになくて岡山のモンテベルデにあるもの

日頃 1000人の村「新庄村」(岡山県真庭郡)を
東洋のモンテベルデと勝手に称していますが、、、

ここでクイズ!

エコツーリズムのふるさと コスタリカのモンテベルデになくて
東洋のモンテベルデ「新庄村」にふんだんにある「あるもの」とは何だ?

こたえ↓

かまくら雪あそび

竹ぞりでおつなスキー


それこそ、コスタリカのモンテベルデにはない「雪」
ふんだんにある新庄村は冬になると白銀の別世界。


先日「京山KEEP」が主催する
「旭川源流体験冬のエコツアーin新庄村」にバスレク係で参加してきた。

なんと「竹ぞり」(上写真)を作ってすべるという!
へぇ〜。
で、竹ぞりって何?
ってな感じだったのだが、
そりかと思いきや、これはもうスキーの領域。

竹がまっすぐなようでまっすぐでなかったり、
スキー板に取っ手がひっついているような感じで、
意外とハンドリングが難しかった。

昔新庄村では、実際に竹ぞりを作って
スキーを楽しんだりしていたそうだ。

竹ぞりは自作するのだが、
竹を曲げるときにどういう角度で削ったら滑りやすく仕上がるかとか
丈の長さをどう調整したら安定した走りを実現できるかとか
なかなか「科学」の心を育む遊びだなぁと感心した。

竹ぞり作り 竹ぞり作りで竹を曲げる作業


このエコツアーは
自分たちでまず竹ぞりを作り、
お昼ご飯に新庄特産「ヒメノモチ」のお餅を食べて、
田浪キャンプ場で存分にすべるという行程だった。

まさに、冬の新庄のいいとこどりの企画。

旭川源流の新庄村は県下の60%の天然ブナ林を有し、
まさに岡山の水源のかん養地

「冬に屋根ほどまで積もる雪が新庄に降るからこそ
 一年を通して旭川下流に水が運ばれるんだよ」

と、森林セラピー協議会の黒田さん。


こつを覚えて 竹ぞりがすべれるようになったら
雪合戦をしたり、かまくらを作ったり、
冬の森林セラピー基地をスノーシューで歩いたり、
雪にあまり縁のない岡山南部の子どもたちもおおはしゃぎな一日だった。
おもわず本気になる雪合戦 ハンドル付きのそり

手作りのかんじきで雪の上を歩く 手作りのかんじき

自然と触れあうこういう体験は
一瞬のことかもしれないけど、一生心に残る思い出になると思う。


自然大好きな子どもたちがたくさん育つことを祈りつつ。

冬の源流エコツアーin新庄村


観光庁管理サイト「LIVEJAPAN!」でも紹介しています。
posted by TACAQUITO at 06:22| Comment(38) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

2009.10.6 新庄村「日本で最も美しい村連合」に加盟

2009年10月6日 
新庄村が「日本で最も美しい村」連合に加盟しました。

祝★おめでとうございま〜す!

岡山県真庭郡新庄村といえば、「東洋のモンテベルデ」ですよ。

新庄村森林セラピー基地ブナ
森林セラピー基地のハンモッグ・ポイントで
寝ころぶと見えるブナの木漏れ日


関連記事
「コスタリカでぶら・びだ」
 東洋のモンテベルデ
 岡山県真庭郡新庄村に森林セラピー基地オープン
 CAMNET誌 2009年7-8月号 p5


あの、エコツーリズムの発祥地といわれる
コスタリカのモンテベルデに
どこか通じる雰囲気があって 落ち着くんですよね。

チョウや植物の多様性も特筆ものです。


ウスイロヒョウモンモドキ
新庄村に棲息する絶滅危惧種の「ウスイロヒョウモンモドキ」

11月14-15日には 
その新庄村全域を舞台に
「日本再発見塾」というイベントも開催されます。

こちらのほうは 講師陣もすごいので
(茂木健一郎さんも!)
是非お申し込みを!
(現地実行委員をしてますので、新庄でお会いしましょう!)


「日本で最も美しい村」連合
 
2009年10月時点で 全国33の町村・地域が加盟している。

中国地方では 島根県の海士町・岡山県の新庄村の2カ所。


「日本で最も美しい村」連合の目的

この連合は、素晴らしい地域資源を持ちながら過疎にある美しい町や村が、「日本で最も美しい村」連合を宣言することで自らの地域に誇りを持ち、将来にわたって美しい地域づくりを行うこと、住民によるまちづくり活動を展開することで地域の活性化を図り、地域の自立を推進すること、また、生活の営みにより作られてきた景観や環境を守り、これらを活用することで観光的付加価値を高め、地域の資源の保護と地域経済の発展に寄与することを目的としています。
(「日本で最も美しい村」連合ウェブサイトより)


発祥はフランス 1982年〜 64の村でスタート。(現在149村が加盟)

「歴史的財産などの地域の特色を観光資源として付加価値を高め、小規模な農村を保護する運動を広めるためにネットワーク化を図り、研究の場、情報交換の場、協同してプロモーション、コミュニケーションを行う場として、「フランスで最も美しい村」連合の組織が設立されました。本部はコロン・ラ・ルージュ(Coreze)の村役場にあります。」(日本で最も美しい村連合ウェブサイトより引用)


少し前、「世界不思議発見!」でも取り上げられてましたね。


フランスの田舎は田園風景が生き、
ゆったりとした時間と美しい光景、そしておいしい料理
たくさんの観光客が訪れ、地域が活性化している。

最近は「最も美しい村」連合に登録されている各所を
巡るツアーが人気だとか。

将来的には、世界の「最も美しい村」連合を回ることが
ステータスになる日も 来るはず!

新庄村
のもっている自然美・暮らしの豊かさといったものを
世界のみなさんと共有して欲しいと願います。



2009.10.7付 山陽新聞<全県版(岡山)>でも紹介されました
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009100620401176/
posted by TACAQUITO at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | エコ・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

コスタリカの日本文化センター日本語教室生徒ら快挙

コスタリカの日本週間2009


今月9月は 
毎年恒例日本大使館主催の「日本週間」があったそうで、
日本週間のレポートが届いています。

もっと知りたい方は→AICCO-コスタリカ交流協会 ウェブサイトへ

番組プログラムはこちら
AICCO-FUENTE DE VIDA番組表2009年10月分

詳細はAICCO-コスタリカ交流協会プレゼンツ
CAMNETラジオ「FUENTE DE VIDA」でお聴き下さい。
(チャンネルG毎月1日放送開始)



そのなかでも 圧巻は「日本語弁論大会」

日本文化教室から
なんと! 入賞者4名も。
音声データが届きましたのでご紹介します。

ちょっとデータが重いですけど視聴の価値あり。
結構考えさせられる内容です。










コスタリカの 日本大使館のウェブサイトでも
「日本週間」「弁論大会」の様子を見ることができますよ。




そんな日本語学校の生徒さんたちに
しっかり日本語を勉強してもらって
将来日本とコスタリカの架け橋になってもらいたい!

との願いをこめて
辞書を贈ろうプロジェクトを行っています。
ご協力よろしくお願い致します!(10月一杯まで詳細はこちら


コスタリカの日本語学校生徒に日本語辞書を贈ろうプロジェクト

dicprowrd.jpg
posted by TACAQUITO at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

コスタリカで日本語学習をがんばっている日本語学生に辞書を贈ろうプロジェクト

dicprowrd.jpg

最近のAICCOプレゼンツ「FUENTE DE VIDA」では
コスタリカの日本人文化センターの日本語学校の生徒さんたちによる
コスタリカニュースが話題です。
CAMNETラジオ_channel-g_FUENTE-DE-VIDA


ラジオ番組の物価クイズを通して
いつもコスタリカの生情報を届けてくれている
日本語学校の生徒さんたちが日本語の勉強をしたいと思っても
辞書が手に入りにくいという状況が見えてきました。


そこで、FUENTE DE VIDAでは、、、
使用済み辞書をコスタリカに贈ろうプロジェクト


【コスタリカの日本語学校生応援スペシャル企画
                  〜使用済み辞書を贈ろう〜】


という企画が急きょもちあがりました。



結構、大学のときに
第2外国語でスペイン語を取っている人がいると思うんですよね。
おうちに、眠っている辞書はありませんか?


スペイン語でなくても、日本語が書かれている辞書は
コスタリカでは十分すぎるほど重宝します。
英語は分かるので、英和辞書でも大助かり。


もっとも、漢字の書き順が知りたいとき、、、
漢字の読み方自体が分からないなんてときは
「漢和辞典」以外にありません。

いったい日本以外のどこでそんなものが手に入るでしょう?
漢和辞典・国語辞典なら 誰の家にも一冊は必ずあるはずです。
語学には縁がないけれども、兄弟がたくさんいて、
家に不要な辞書が転がっているという方はこちら専門でHELP!



【コスタリカでがんばる日本語学校生の里親ならぬ辞書親になろう!】

コスタリカでは日本語辞書が 
1冊なんと6700円もするんです!
日本の物価から考えても結構手が出ない値段ですが、
コスタリカではワールドカップの決勝戦のチケットが1700円。
なんと4回見に行けて、お釣りが来ます。


コスタリカでがんばる「日本語学校生」の里親ならぬ辞書親になろう!
識字率97%という高い教育国 コスタリカの語学熱は熱い!
なかでも人気なのが日本語といいます。

日本語を勉強した学生が大きくなって研修で来日、
友好の橋が築かれる!
あなたがその背中を後押ししているんですッ! すごい国際貢献だ!!
善意の一冊をお待ちしています。

お送り下さる辞書に(または紙をはさんで)
あなたからの励ましのメッセージをお書き添えください。
住所など書いておいたら、
将来彼らから日本語で「ありがとう」カードが届くかも。

コスタリカの日本語学校生徒に日本語辞書を贈ろうプロジェクト

dicprowrd.jpg


【この善意のプロジェクトにご協力してくださる方へ「詳細」】

●辞書収集期間● 
9〜10月いっぱい(それ以降は事務局に確認の上送付願います)
都合により、事務局(岡山市)までの送料を
ご負担頂ける方に限らせていただきます。
   
●募集辞書の種類● (中古・新品問いません)
1.西和(スペイン語→日本語)辞書 
2.和西(日本語→スペイン語)辞書
3.英西(英語→スペイン語)辞書
4.西英(スペイン語→英語)辞書
5.漢和辞典
6.国語辞典
7.英和(英語→日本語)辞書
8.和英(日本語→英語)辞書
※ ポケット辞書・電子辞書も大歓迎します。

●その他の書物●
1.日本の昔話・絵本
2.日本語の書物
3.日本の歌
4.日本の映画DVD など

●あなたの善意を受付ています●
「辞書を贈ろうプロジェクト」にご賛同頂ける方の
善意の寄付を受け付けます。
寄付金は送料に充てられたり、
辞書を購入する費用に充てられます。

以下のいずれかの口座(口座名義:コスタリカ交流協会)まで
辞書募金の旨を明記の上 ご送金下さい。

■郵便振替口座 01310-5-85473 
■ゆうちょ銀行 ←銀行からゆうちょ銀行へ 
 店番号548-普通預金-口座番号2693158 
■ぱるる ←ぱるる同士の送金はこちらのほうが安くて便利
 15410-26931581 
■中国銀行 一宮支店(188) 1427235

いずれも口座名義は「コスタリカ交流協会」 


お送り先・問い合わせ先は AICCO-コスタリカ交流協会事務局まで
〒701-1214 岡山県岡山市北区辛川市場424−5 TEL086-284-4839

MUCHISIMAS GRACIAS!!  
BENDICIONES A TODA LA PERSONA QUIEN PARTCIPA!!






posted by TACAQUITO at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

コスタリカの鳥写真展・バードカービング個展のご案内 8/28-30 3日限定

写真展・バードカービング展
「悠々カメラ倶楽部第二弾〜地球の仲間達」

●日 時● 8月28(金)-30日(日) 9:00~17:00
●場 所● かもがた町屋公園(浅口市鴨方町鴨方240)
●出品者● 亀岡晴秀、才野省一、増本雄二、三宅和子

数年前、アスエコにて「コスタリカ展」をしたときに、
カラフルで珍しいコスタリカの鳥の写真を提供してくださった
三宅和子さんがお友だちと個展を開かれます。

地球の仲間たち案内

三宅さんといえば、野鳥の会岡山支部のメンバーで、
鳥を追いかけてコスタリカに5度も行っているという
鳥&コスタリカLOVER。


今回の個展は、コスタリカで撮った写真から
選りすぐりの珍しい鳥のショットや愛くるしい生き物の写真等を出品。
たった3日間しか開催されていませんので、見逃すべからず。


インタビューを受ける三宅さん
アスエコ展のときの鳥の写真はたいへん人気が高く、
見るだけで癒されるという声もよく聞きました。

暑い夏の涼をとりに、是非足をお運びください。
(三宅さんは28と29に常駐)


ちなみに、バードカービング(野鳥彫刻)も一見の価値ありです。
最近、あちこちでバードカービングの展示会がされていますが、
見るたびに感動します。

ちょっとした趣味が、空間を彩る芸術作品を生み出す。
わたしにもそんな才能があったらいいのに、、、。


残念ながらその日は行けれない、という方は
三宅さんのブログ・ホームページを覗いてみてください。

迫力と躍動感あふれる鳥たちの世界を身近に感じられると思いますよ。

ブログ http://karakoto.exblog.jp/
探 鳥 http://www.tamano.or.jp/usr/karakoto/tanntyouryokou.htm


※「かもがた町屋公園」は、県下でもっとも古く
 「日本の歴史公園百選」に選ばれている公園です。
 今回写真展を開くふれあいの館(西倉)は
 安政3年に建てられた土蔵です。
 江戸時代、西山拙斎ら多くの文化人が往き来した
 備中鴨方藩中心地という由緒ある場所です。
posted by TACAQUITO at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

コスタリカへ寄付〜善意の車椅子を集めています(岡山市)ご協力下さい

岡山の障害者施設「旭川荘」を慰問し一緒にスポーツを楽しむモリーナ氏


コスタリカの義足ランナー&車椅子ランナーの
ラウレンス・モリーナさんより
コスタリカの障碍者のために
車椅子を提供して欲しいとのリクエストを受けて
車椅子(中古可)の寄付を呼びかけています。


「何かを実行したくて、それに向かって頑張れば
 どんなに難しくても必ず出来る。」

とはラウレンス・モリーナ氏の信念。


岡山市では、善意の車椅子を集めています
近々、岡山市を表敬訪問する予定のサンホセ市長へことづけの予定。


岡山市からの要請を受け、AICCO-コスタリカ交流協会でも
車いす(中古も可)寄付の呼びかけを行っております。
不要の車いすをお持ちの方は、ご協力下さい。
また知人等にもお声掛けいただければ感謝です。


ラウレンス氏のプロフィール・車椅子寄付の背景についての詳細は
コスタリカ交流協会 ウェブサイト

AICCO-コスタリカ交流協会では CAMNETを媒体に
インターネットラジオで 生のコスタリカ情報を配信しています。
一度聴いてみてくださいね。
htttp://camnet.jp/onair01.html#channel-g 
番組名 FUENTE DE VIDA (チャンネルG、毎月1日更新)
posted by TACAQUITO at 11:32| コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

岡山のまちが変わる〜まちカフェ(コスタリカコーヒーも)

岡山にオープンカフェ01 岡山にオープンカフェ02


この4月に岡山市が政令指定都市になり、
変わっているような、そうでもないような、
何とも違いがよく分かりませんが、
新聞でも岡山市の魅力をよく取り上げるようになった気がするし
少しずつ住みやすい町に変貌しつつあることを期待しましょう。

さて、

コスタリカ交流協会も協賛している
まちづかい塾のオープンカフェプロジェクトですが、

正式に岡山市の使用認可が下り、
岡山県と岡山市の後援も付き 6/6より  
桃太郎大通り柳川交叉点付近でのオープンカフェ開催が
正式決定したそうです。

珈琲価格は200円ということで お得!

街の賑わい作りを目指し 
いずれ訪れるであろう法改正へ向けて
岡山の事例として開催するようにとの事です

一年間通しての許可は 事例の無いことだそうで
岡山の始めの一歩を 
まちづかい塾が足跡つけちゃいましたねぇ。


こりゃぁ みんなで応援しましょう、ということで
ご紹介しました。

6月6日(土)から 土曜日限定で
桃太郎大通りのどこかに出現していると思いますよ。

おいしいコスタリカコーヒーも ぜひご堪能下さい。

posted by TACAQUITO at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

コスタリカ・ポアス地震義援金 総額発表します!

コスタリカ・ポアス地震義援金募集のお願い

===========================

【ご報告】

第一次義捐金は、1月30日をもって締め切らせて頂きました。
31日にコスタリカへ向けて出発する 
岡山市民訪問団に託しました。

岡山市国際交流協議会とサンホセ友の会と
コスタリカ交流協会に寄せられた 
コスタリカ・ポアス地震義捐金総額は 620,420円でした。

ご協力いただいた皆さま、
コスタリカのことを案じてくださった皆さま
どうもありがとうございました。

現地からのレポートは8日以降となります。お楽しみに!
posted by TACAQUITO at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

コスタリカポアス地震義援金に感謝! 支援先団体も決定!!

コスタリカ地震義援金先UTPMP-CR

コスタリカ震災義援金送付先が決定
しました!


AICCO-コスタリカ交流協会では 今回の市民訪問団団長高谷市長、
岡山市国際交流協議会とも相談・協議の上 義援金の送付先を
「ウン・テチョ・パラ・ミ・パイス」(UTPMP-コスタリカ支部)
というNGOに決定しましたのでご報告申し上げます。


1月26日現在 AICCOへ直接お寄せいただいた募金総額は
10万2012円となっています。(これで緊急家屋が1軒建ちます!)
皆様のご協力を感謝申し上げます。

(追伸:29日情報ですが、岡山市国際交流協議会で集まった募金を足すと60万くらい行きそうだという話です。)

UTPMP(ウンテチョパラミパイスの略語で「母国に屋根を!」の意味)は、
ラテンアメリカの各地に支部を持つボランティア組織です。 
ふだんはラテンアメリカの貧困と闘い、
家を持たない貧しい人に家屋の資材と労力を提供する活動を展開しています。


UTPMP-CRは、今回のポアス地震の被災の大きさと避難民の多さを重視し、
特別に「貧民」に限らず、家をなくした人、テントで仮生活を送る住民に対して
緊急家屋を提供するプロジェクトをコスタリカ政府と手を組んで行っています。

1軒の緊急家屋を建てるコストは約1600ドルで、
1000ドルの寄付ごとに政府が残りの600ドルを負担する仕組みのようです。

UTPMP-CRでは、200軒分の家が建つよう寄付を呼びかけており、
現在企業などから97軒分の募金が集まっているそうです。

また、労働力として若者のボランティアを募り、
緊急家屋の建設が、2月3−8日の日程で進められるます。


詳細は コスタリカ交流協会ウェブサイトでご確認下さい。


短期間の募集にもかかわらず、コスタリカ交流協会には
現在までに多くの義援金が寄せられました。

総額 10万2012円! (1月26日現在) 
(国際交流協議会・サンホセ友の会 受付の募金分を足すと
 まだ増える見込みです!)

岡山市民の同胞コスタリカへの愛・助け愛を感じました。感謝!
posted by TACAQUITO at 18:53| Comment(0) | TrackBack(1) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

コスタリカの同胞に愛の手を コスタリカ・ポアス地震被災者・救援活動者への義援金のお願い

コスタリカポアス地震義援金募集のお願い


■■■■ ◆AICCO-コスタリカ交流協会より緊急のお知らせ
■■■ ◆ コスタリカ ポアス地震(2009.1.8) 被災情報
■■    ◆ポアス地震被災の義援金にご協力ください!
--------------------------------------------------


コスタリカ交流協会 臼井(本ブロガー)です。

1月9日 日本ではまだ楽しいお正月気分が抜けきらない頃、
自然豊かで平和な国コスタリカをおそった地震(M6.2)のニュースを
あなたはどこかで耳にされたでしょうか?


▼コスタリカの首都サンホセ近郊(北西に約40km)
 ポアス火山東6kmのところで現地時間8日の午後1時21分頃 
 マグニチュード6.2の地震が発生しました。
http://www.costaricafan.net/2009/01/post-103.shtml(被害状況など)


写真やビデオなどで見ただけですが、
山崩れで大地が陥没して突然消滅した道路
道路のあちこちには 大きな亀裂が走り 
建造物や橋が倒壊してなぎ倒され
突然平穏な生活を容赦なく引き裂く 
自然の驚異の前に何もできずに
ただ唖然としてしまう光景が目に飛び込んできました。


阪神大震災のときに
高速道路がなぎ倒されている映像をテレビで観たときは 
どこかの空撮だろうと一瞬信じられない光景に見えたこととだぶって
記憶の底からよみがえります。



◆◇ 在コスタリカ 日本大使館が発表している 震災被害状況 ◇◆
───────────(15日午前10時時点による広報)──


コスタリカ地震観測所(OVSICORI)発表の地震情報
 (1)発生日時 :8日13時21分
 (2)震源地  :アラフエラ県ポアス火山の東6km
 (3)地震の規模:マグネチュード6.2

司法警察(OIJ)発表の被害状況
 死者    23名 
 行方不明者 11名

コスタリカ赤十字及び国家緊急対策委員会発表の被害状況
 負傷者   100名
 避難者  2528名
 倒壊家屋  518棟
 道路寸断   25箇所
 橋崩落     5箇所
 水道管断裂  20箇所
 停電家屋  928棟 



死者こそ20名程度と小規模な被害であったものの
道路の寸断や 倒壊した橋や建造物や家屋(500棟以上)など被害は大きく、
仮設テントで生活したりしている避難者は2500名を超えています。
また地震発生後1週間経った今でも
水道電気のない生活を強いられている地域(2万人強)などもあり、
周辺住民の生活に大きな影響が出ています。


他にも 観光立国コスタリカとして観光産業への影響や
生態系・景観へのダメージ、
カリブランコ水力発電所が壊れ復興に1年かかる見込みであったりと
コスタリカ政府は 震災被害の損失は1億ドルを超えると発表しました。




◆◇ 被災者・救援者を支援するため 募金活動を呼びかけ ◇◆
──────────────第一弾 1月15日〜29日─


AICCO-コスタリカ交流協会では 地震直後以来 
情報収集してきましたが 被災の被害が広範囲に及ぶことを知り
1月15日正式に今回のコスタリカ ポアス地震の
被災者・救援者を支援することを決定し
そのための募金活動を呼びかけることにしました。

http://www.costaricafan.net/2009/01/200918m62.shtml(募金呼びかけ)



志のある方がいらっしゃいましたら
以下のいずれかの口座(口座名義:コスタリカ交流協会)まで
「コスタリカ・ポアス地震義援金」の旨を明記の上 ご送金下さい。

* 郵便振替口座 10310-5-85473 
* ゆうちょ銀行 店番号548-普通預金-口座番号2693158
  (ぱるる 15410-26931581)
* 中国銀行 一宮支店(188) 1427235 


ちょうど 岡山市(サンホセ市と姉妹都市)が姉妹都市縁組40周年を記念して
コスタリカを訪問する時期とも重なり、訪問団へ募金をたくし
日本からコスタリカの震災被災者へエールをお届けしたいと考えています。


どうぞご協力ください。 

募金の詳細は ウェブでも確認できます。30日以降も受け付けています。
http://www.costaricafan.net/2009/01/200918m62.shtml(募金呼びかけ)




前向きで働き者のコスタリカ人の労働をもってしても
復興には多くの歳月がかかることが予想されます。
すでにコスタリカ政府は諸外国へ援助を要請していますが
小国コスタリカの持つ設備や技術や経済力には限界もあり
多くの国や個人や企業の助けを必要としています。


一人ひとりの力は わずかかもしれませんが
小さな善意でも コスタリカの同胞へきっと伝わると思います。

またみんなの思いを寄せ集めれば 
コスタリカの人が今必要なことの
足しにしてもらえるくらいの額にはなると思います。


お気持ちのある方は 以下のいずれかの口座まで
「コスタリカ・ポアス地震義援金」であることを明記の上 ご送金下さい。


▼岡山市国際交流協議会でも募金を受け付けています。
(募金箱設置場所:友好交流サロン・岡山市国際課(協議会事務局))


 岡山市役所国際課(協議会事務局)
 岡山市大供一丁目1番1号
 TEL (086)−803−1112
 http://www.city.okayama.okayama.jp/shimin/kokusai/kyogikai/kyogikai.htm

 友好交流サロン
 岡山市幸町10番16号 西川アイプラザ4F
 電話: (086)−234−5882 
 http://www.city.okayama.okayama.jp/shimin/kokusai/yukokoryusalon.html


▼「サンホセ友の会」(まちかど美術館サンホセ)も募金受付窓口になっています
  サンホセ市展が 1/21(水)-1/30(金)開催されています。 
  http://www.costaricafan.net/2009/01/121130.shtml

 まちかど美術館サンホセ
 岡山市駅元町 21-11
 電話 086-253-2664 
 http://www3.ocn.ne.jp/~sanjose 


「エコと国際交流」で日本とコスタリカをつなぐAICCO
〜2009年は岡山市・サンホセ市姉妹都市縁組締結40周年〜
─────────────────────────
■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■  AICCO-
■  ■   ■  ■    ■    ■   ■  コスタリカ交流協会
■■■    ■  ■     ■    ■    ■ 
■  ■   ■  ■    ■    ■   ■ TEL:086-284-4839
■  ■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■  FAX:020-4622-0623
 ★☆★ http://www.costaricafan.net ★☆★ AICCO ★☆★
─────────────────────────
◇メール puravid@costaricafan.net
◆ネットラジオ:[FUENTE DE VIDA]
http://camnet.jp/radio/onair01.html#channel-g
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         文責 AICCO-コスタリカ交流協会事務局 臼井
posted by TACAQUITO at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。